ハゲの原因として

MENU

ハゲの原因として

ハゲの原因として遺伝や体質など先天的なものを挙げられる方もいますが、生活時間の乱れや栄養不足などが肌質に影響し、抜ける髪の毛を誘発していることも多いため、心当たりがある方は、一度見なおしてみると良いかもしれません。皮膚が一定の周期で修復されていくように、発毛にもサイクルがあります。その維持に使われる栄養が不足していると、肌の免疫機能が損なわれ、頭の皮膚など汗をかきやすい部分のトラブルにつながるだけでなく、抜け毛が増え、髪全体のボリュームが失われてきます。外食の多い方はもちろんですが、マーケットの惣菜などの出番が多い方は野菜の付け合わせがあっても少量だったりするので、注意が必要です。

 


パンだけで済ませる方、レトルト食品やスナック菓子が好きな方など、おつきあいの外食は仕方ないですが、それ以外の食生活を改善するべきでしょう。地肌と髪の健康のために、栄養バランスの良い食事をとるよう心がけましょう。育毛トニックはどれも高価なものですが、必ずしも高価な商品を購入しなければいけないことはありません。一つの方法として、ただガムを噛むだけで、毛に良い影響が与えられるといわれています。こめかみを動かすこと、それに必要なのがガムを噛み口を動かすことなのです。

 

頭の皮膚マッサージと同じ、良い影響が得られるのです。そしてまた、唾液を多く出すというメリットが「噛む」事で得られるのです。育毛成分は、唾液にも含有されています。多くの唾液が出て、これを飲み下すと、頭の皮膚に重要な成分「IGF-1」。これが増すと考えられています。IGF-1の増加により、毛の生成が活発化します。育毛を続けていくうえでは食生活の改善も大切です。外食は和食でも濃い目の味付けなので糖分が多くなりがちなので、量やメニューを選んで食べるようにしましょう。脂質の取り過ぎも血中の悪玉コレステロール値を上昇させ、抜ける髪の毛の原因を作ります。